雇用統計後は堅調に推移すると思っていました。

だんだん米も正常な動きになりつつあります。

景気よく良くなれば金利上昇は当たり前です。

今回はショックありましたが前にも転換点ではこういう場面はありました。

出口戦略は年内になると思います。

織り込んでくると思います。

日本は押し目なしに上げていてかなり面白い状況です。

売りが閉じ込められており期待しております。

前に業績相場に移行するのは当たり前ですが金融相場は終えてはいないと自分はコメントしました。

もう少し並行してと。

その動きが不動産、消費者金融で出てくるか見ております。

日本ではじゃぶじゃぶ相場が始まったばかりです。

勘違いアナリストが多すぎます。

さて、これからは押しがない限り売り場探しになってきます。

以前14000から16000は真空地帯といいました。

この下げで13800と14800付近は重しができて13800は抜けましたが14800どこは戻り売りを喰らう水準です。

もし抜ける力があるならば売り方死亡で意外高して終えるイメージ持ってます。

ありえないことでもないです。

まだ選挙まで日柄がありその前に日銀と議会証言があります。

動意させる材料はあります。

とにかく外資動向見て判断していけばいいのかなと思っています。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。