業績にしっかり反応する相場

 

おはようございます。

NYはGDP2,3%増で2.6%の予想よりは悪かったですが、消費は堅調でしたのでなんとかふみとどりました。

世界経済はアメリカが引っ張っているので、GDPを占める割合の高い消費は非常に大事です。

世界経済の減速感はありますがしっかりアメリカがいいうちに日本も再生していくといいと思います。

ハイテク株買いのエネルギー、素材は軟調な展開でした。

9月の利上げ観測が重しになり為替も再度、ドル高になったのも重しになりました。

日本はしっかり決算に反応して、いい悪いがはっきり相場に出ております。

昨日は大型の動きが良かったと思います。

日立、任天堂がしっかりしてきたのと鉄鋼もいい買いが入りました。

下げてきたものも、あく抜け感があります。

原油安から恩恵受ける電力なども再度動意が見れました。

野村も良かったかと思います。

昨日はソニーの決算も良く、事前にいいものは予想どうりしっかりいい数字が出てきてます。

本日もは決算おおくあるので思惑はいっぱいかと思います。

しっかりいい決算でてきてる物を狙ってロングも追加もいいかと思います。

今日も個別に集中するのではないかと思います。

海運の決算があり、注目してます。

デンソーなども自動車関連もおおくあり注目です。

今日も決算にいっきいちゆうするのではないかと思います。

しっかり個別を狙っていきましょう。

新興も狙われてる物は集中してるのでデイは馬鹿になって乗り降りがいいと思います。

決算シーズンは神経質ですが、上手く対処しましょう。

今日は指数は膠着でもいいかと思います。

売り物なければきり上げるかもしれません。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


個別相場

 

おはようございます。

中国株、商品は落ち着きを見せてきてます。

貴金属においては長い目で見てもここはいいところかと思います。

原油だけはまだ下落もと考えは変わりません。

NYは決算通過後がカギになります。

日本は昨日のファナックには驚きましたが、中国の設備のところはきついなと印象受けました。

日立が海外売上初の5割越えるなど、国内需要より海外が増えてる証拠です。

日本企業は海外の売り上げで稼いでおります。

特に東南アジアはかなり拡大したものと思います。

インフラも大きいともいます。

日本国内の景況感の遅れは内需の遅れですがここのところ良くなってくる兆しは出てきております。

大企業の一人勝ちも、徐々に下がってくればいいかと思います。

でも、業種によっては回復は軽微で、良くならないところもあると思います。

今回の決算で明確になっていくように思います。

日本の決算は期待してます。

決算見据えていくといいでしょう。

個別の反応はいいです。

決算に向けた狙いもでてるように思います。

指数は押せば買いで、売り物なければ上げる気がしてなりません。

ロングは持ち、短期で遊びを継続です。

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


中国株はもみ合いに

 

おはようございます。

中国株が落ち着き、商品が落ちつけば、反発です。

作為的な下げには強気で対処でいいかと思います。

中国はここでしばらく落ち着いていればいいと思います。

日柄調整も必要です。

3500を割っていくような感じがあれば、政策出してくるように思えます。

政策期待もあり、上げてきたので、再度期待はでてくると思います。

中国株離れが、次第にでてくればと思います。

短期筋も押しは買われると感じてるために、周知されてる材料で、仕掛けるには足りないでしょう。

商品もいいとこまで下げてきております。

原油はまだ下げ余地はあるものの、一度は反発のタイミングかと思います。

NYも昨日見てて感じました。

資源株もいき過ぎてる気がしてなりません。

反発素直に出るか見ていきましょう。

日本はいいと思います。

下げれば買われます。

今日はファナックの影響が日経指数には出るかなと思います。

中国関連株の下げはあるのではないかと思いますが、下げてきてる物も多く、そろそろアク抜けてもいいかと思います。

中国のスマフォの鈍化は周知のことですので、見極めていけばいいかと思います。

個別相場はいいので引きつづきです。

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


中国、商品材料に

 

 

おはようございます。

NYは耐久再受注は良かったものの、原油安、中国株安からリスク回避が進みました。

前回は中国とギリシャでしたが、下げる材料にはヘッジファンドは何度でも利用するなと感じます。

資源、素材関連がこれでは下げざるおえません。

商品においてはコメントしましたが、クローズアップされてきたときが、転換点に近いかと思います。

本来、原油安は資源国にはよくありませんが、今後の恩恵考えると40~50ドルで推移するといいかもしれません。

中国は3500~4000にいればいいかと思います。

3500割るような動きになるなら、利下げ含め景気対策してくるのではないかと思います。

なりふり構わないこと前回したので、やってくるでしょう。

それと、安倍総理の支持率ですが自分は安保法案は賛成ですが、時間がたてば評価されてくるのではないかと思います。

誰も戦争は臨んでおりません。

自国は出来る限り、自国で守れるように少しでも出来ないと問題かと思います。

憲法問題はあるにせよ、ここまできたら、この問題は解決してもらいたいです。

しっかり、国民に伝えてもらいたいものです。

これも含めて、不安要素で売りたたきにきております。

ただ、前回ほどではないのでここでの下げは怖くないと思っております。

下げれば下げるほどチャンスととらえていいかと思います。

冷静に見ましょう。

個別はいい動きです。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


商品価格の下落は

 

おはようございます。

NYは様子見姿勢になってます。

業績相場に入っており、指標にも少し神経質になってます。

新に住宅販売の落ち込みに反応するなど、商品価格にも神経質になってます。

しばらくはもみもみするのではないかと思います。

利上げを織り込む相場になるのかは決算じっくり見て買いがい動向見ていきましょう。

日本は海外に比べれば、日本は底堅く推移するのではないかと思います。

ここでの調整は歓迎です。

日本も決算シーズンに入ってきてるので、いいものじっくり狙うといいと思います。

しかし、暑い日々がつづきます。

猛暑関連も今週も物色されるかなと。

決算先取りの動きも個別ではでるものと思います。

指数はお休みでもいいと思います。

大型はしっかり狙われてくると思いますので、とにかく小型でいいと思います。

個別材料株相場を楽しみましょう。

指数は下げに警戒して、買い場見ていけばいいかと思います。

商品の下落はいつまでも続きません。

クローズアップされた時にはヘッジファンドの思うつぼです。

シュートの買い戻しのタイミングも見ていく状況かと思います。

ドテンしてくるように思います。

商品価格もしっかり見ていきましょう。

下げれば下げるほど強気になる相場に変わりありません。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


決算シーズン

 

おはようございます。

NYは決算まちまちで、中国依存してるところが鈍化してるように感じます。

また、ここのところの原油安で、石油関連株が重しになってます。

決算通過待ちですね。

日本は日本電産の皮切りの好決算から、期待は持てます。

IMFは日本成長0.7%で安定」と日銀に追加緩和を要請してきました。

また、余計な発言です。

10月に再度サプライズかなと思っていたんですが、思惑が出てしまいます。

IMFの日本の成長0.7は自分は過小評価のように思います。

 日本の決算をこれからしっかり分析していきます。

相場のほうは、指数は先物見ると枯れてきております。

指数はお休みモードです。

しばらくは材料株相場で、決算もこれから本格化ですので、個別相場は活況ですのでしっかり狙っていくといいでしょう。

デイ環境は非常にいいです。

インバウンドが昨日はホテル、小売、家電、広がり見せていました。

テーマがあるうちは追撃です。

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


日本は底堅い

 

おはようございます。

NYはアップルが時間外で下げていた通りになりました。

少し下げ過ぎではと思いましたがいい足踏みと思えばいいかと思います。

NYは決算がまちまちでいいも悪いも小幅です。

通過待ち様相です。

また。利上げををり込めるのかです。

9月の予想が増えてますが、指標から出来るのかどうか個人的には疑問です。

12月のほうがいいのではないかと感じます。

9月にやるとすると10、11月に一度ボトム的な動きもあるかもしれません。

利上げが重しになってるのは間違えありません。

この辺りは心理もあるのでじっくり見ていきます。

日本は、日本電産の決算見る限りでも好調です。

円安の恩恵はタイムラグもあり、今年は120円台で定着するならば過去最高益はいっぱいでるのではないかと思います。

それだけ今は日本は海外で稼いだお金が再投資され、いい循環を生んでます。

日本国内はまだまだ疲弊していますがいずれは少しずつ今年から国内に恩恵が出てくるものと思います。

日本市場はここの決算内容にしっかり反応していくと思われますので、いいもの仕込んでいきましょう。

底堅い相場であり、大きい外部要因がない限り、日本市場は狙われてるので強いと思います。

指数もそうですが、特に個別物色は強いので、継続です。

FFRI見たいに皆で乗れば怖くない的な相場は銘柄によってはいっぱいでてきてもいいタイミングです。

狙っていきましょう。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


NYは低成長も日本は2ケタ成長も

 

おはようございます。

NYは決算に乱高下です。

利益確定でやすいところでひたので、アップル、ヤフー、マイクロソフト、IBMの影響はそんなには大きくないと思います。

アップルは見通しを下げてきたのと、ヤフーの赤字、マイクロソフトの不調で今日のNYは下げるだろうとグーグルの時と逆です。

目先、先回り的な売りも出ていたので、スれほどでもないにしても、アップルの

影響はあるかと思います。

ただ、押せばNYも買い場と思います。

日本市場はNYとは違い、好決算が予想され、決算の反応も良いので、良いも悪いも、しっかり反応するのではないかと思います。

為替は120~125の間にしばらくは落ち着くのではないかと感じてますので、株との相対感が薄れいていけばと思います。

目先は小型が活況であり、割安、新興、材料にしっかり反応していくと思います。

大型にこだわることはありません。

猛暑関連も新たに物色されてきました。

原油安から海運もです。

循環してます。

新興も出直りする銘柄も多く見られており、短期の狙いは面白いと思います。

夏枯れ相場になるのかどうかは、しっかり見ていきます。

デイする人にはいい環境です。

日経は高値に戻ってきましたが問題なしかと思います。

中国についても、みんなが警戒してるうちは大きい反動がない限り大丈夫かと思います。

皆が忘れてきたときが注意です。

今週末からおもな新興の決算が出てきます。

個人の相場動向の変調が大きく出てくるのではないかと思います。

しっかり先見て、いい銘柄狙っていきましょう。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


今週は売りものこなしどこまでいくのか

 

おはようございます。

NYはグーグルの決算が良かったためナスダックは堅調に推移しました。

ダウも一服して、決算見極めに入ってきたかと思います。

ダウは原油安から石油株は少し重しになった感じがします。

イエレン議長の先の講演で利上げ観測が9月になってきており、為替も織り込む動きが見受けられます。

グーグルの動きで、ハイテク、ネット関連、小型もいい感じであり、サマーラリー様相も感じられます。

住宅の指標も急激に良くなっております。

以前、着工許可件数が良ければ良くなるといったと思います。

半年のずれで良くなるものです。

目先は決算も心配ないのではないかと思います。

中国は注視しつつでですね。

日本はここのところ個別の動きは堅調でNY同様に出遅れている小型が面白いかと思います。

食い荒らしも出るかもしれませんが、マザーズなどは売られ過ぎたものは多く見られます。

サマーラリーになるのであれば個人主導の相場も考えられるため新興は要注目していきましょう。

サマーラリーに備えてと何度かコメントしてきました。

現実になればいいなと思います。

売り物はなくなればそうなるのではないかと思います。

個人は今回も、あの押し目で逆に買ってきており、ロングはしっかりしてるので、短期の売りが落ち着けば狙いは個別に集中してくると思います。

決算にこれから注目されてきますので、乱高下も見られるかと思います。

まだまだ、ここからでも狙いはごろごろしてるかと思います。

ボロ株もグローバルアジアが動くなど、ボロ株にも今後注視していいかと思います。

しっかり握りしめて、短期でも遊びましょう。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


一服

 

おはようございます。

ギリシャ議会が債権団に求められた財政改革関連法案を同日未明に可決。

ドラギ総裁の会見でギリシャの銀行向けの緊急流動性支援の上限引き上げに言及し、ギリシャへの支援姿勢を示すとの期待もでました。

なに問題なしです。

NYは利上げをこれから織り込んでいく相場にするにも、景気動向が重要です。

個人的には、まえまえからコメントで、失業率5%が分岐点と思ってます。

もうちょっとです。

失業率が下がると、おのずと賃金が上がります。

利上げに向けて利上げ後も好循環が続けばと思います。

日米欧も景気は低成長ながら回復しております。

下期に期待は大きいので、堅調を維持していけばと思います。

日本は法案通ったのは良かったと思います。

総理も今国会終えたら、外交もありますので、良かったかと思います。

ずるずる長引く方が株価にいいことありません。

今日の相場は3連休前でもありますが堅調に推移するのではないかと思います。

個別を意識して、集中する相場です。

しばらくは決算シーズンにも入ってきますので、じわじわかと思います。

 

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


年内利上げ再認識

 

おはようございます。

年内、利上げ再認識です。

上げるといっても、経済状況見ていくと思います。

今日も議会証言あるのでその辺りのフォローはあるかと思います。

ギリシャ議会は財政改革法案を可決しました。

なにも心配しておりませんでした。

デフォルト望む国民はなかなかいないでしょうし、議会も反対できない状況でしたので、順調です。

恐怖と不安には勝てないものです。

チプラスは国民の世論も議会も上手く操ったのではないかと思います。

ますます、国内では人気になるのではないかと思います。

人気があるうちに経済再生すればいいと思います。

日本は中国の下げにも連動はなく本来の相場に戻りました。

また、戻り売りもこなしていたように思います。

今日も利食いこなしてその後の動きに注目かと思います。

少しゆっくりでいいように思いますので20500を値固めしてもいいかと思います。

国会もやっと法案通過で参議院通過まで時間あるので他の審議をしっかりしてもらいたいと思います。

国会の混乱はマーケットに良くないのですが完全無視で株価下げた時も政治家は無関心な感じでした。

いいことなのか、どうなんでしょうね。

個人的には賛成なので通過は良かったかと思います。

今日の相場も堅調に推移すると思います。

 

 

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


サマーラリーに備えて

 

おはようございます。

ギリシャに振り回される相場も終息に向かい、ここからはNYも決算シーズンにジ入ります。

4~6の伸びの悪さは織り込んでおり、どんな決算が出てくるかで、今後の金融政策も変わるのではないかと思います。

中国の鈍化も、これからどういう景気対策打ってくるかです。

鉄鉱石の価格下落もそろそろ、過剰生産在庫も底を打ってくるものと思います。

中国は国策で株価上げて、資産効果で乗り切るには、ここからは企業業績のテコ入れが必要です。

世界経済は後半が重要になるものと思います。

NYの利上げもいずれいいサイクルになってくると思います。

日本市場は投げが出た場面で個人の買いはそれなりにあった感じですので、下げれば買いも継続してるように思います。

日本企業は海外で稼いでおり、国内は少し景気回復は遅れてるもののここからかなと思います。

今回はきれいに投げも出てるので高値も意外に売りが薄いのではないかと感じます。

日経高値もここでもみ合いも、外部要因なければ早いうちに抜けてくるのではないかと感じております。

願ってもない下げに買い向かった玉やロング持ちはじっくり持つことで、利益になるかと思います。

また、夏場はサマーラリーになることも考え、個別のデイはかなり有効かと思います。

昨日、久しぶりに物言う株主、村上氏の登場でエクセルが上がったように、PBRの安い銘柄は銀行含め、ごろごろしております。

また、個人の相場になるのであれば新興も注目です。

個人的にも数年持ちのロング持ちが多いいので、ここは30年に一度と言われている相場ですのでしっかり持ち、デイの環境も生きてる中で一番いいのではと思う相場になってるので、デイ主体の人は持ち越さずに日々のデイだけで資産形成出来るのではないかと思っていますので、持ちとデイとでかなり割り切ってやっております。

昨日は下げでチャンスで銘柄多くなりましたが、しっかりロング残して動きのいい銘柄のこし銘柄整理しました。

勝負は継続してます。

ファンドも夏休みも、ここのところ、ヘッジファンドも運用がけしてよくないので、休み返上してるところは多くあります。

また、資金も豊富であり、特に日本市場は狙うと言っておりますので、

閑散相場にならないかもしれません。

かつて何度もそういうときがありました。

年始から書いておりますが、NYの大統領選前の年は活況になることが多いいですし、お金がジャブジャブも継続しております。

ファンドも6月の期末の利益は取ったといえ、売ったのは日本市場は欧米に比べればびびたるものです。

ここの下げもロングはしっかりしており、短期筋の荒稼ぎでしかありません。

仕組まれた下げに翻弄されると、大局を見失ってしまいます。

ここでしっかり、お金の変化を見ていきましょう。

ギリシャの法制化はなにも心配なしと思います。

中国も株価は下げてきたときコメントしてるように、もみ合いになることが望ましいと思います。

日本市場にとってはなにも影響は現状はないと思います。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


ギリシャ問題解決

 

おはようございます。

やっとギリシャは解決です。

法整備、法案はすんなり進むのではと思います。

ここからは、後は中国の停止解除がどうなるかですね。

個人的にはあまり心配はしていないのですが、3500までの押しがもう一度あって、ここでしばらく、調整することがいいと思います。

歪んだ市場は元に戻るのには本来時間がかかるのですが、中国ですからね。

ただ、投げもしっかり出ていないので、信用の重しは長きにわたるのではないかと思います。

今後も注視していきます。

NYは決算シーズン見て、利上げタイミングを見ていく相場です。

夏で、ギリシャも片付いたので、お休みモードでもあり、だんだん閑散になっていくのではないかと思います。

日本は売られ過ぎたものの、戻りが一巡すると、テーマ物色から決算へて、なにかサマーラリーになっていくように思います。

当初どうりであるのであれば、小型が大型の戻りが落ち着けば再度、材料株相場が来るものと思います。

下げに煽られたので、仕切りなおせるかです。

マザーズが大きい突っ込みになったので、この辺りも戻りに期待していきたいものです。

指数はきれいに日本市場は投げが出たので、高値の重しはないかと思います。

戻り具合を見ていったんは外してもいいのかなと感じます。

日本も様子見にしばらくは指数はなるように感じます。

ただ、売る人がいなければ、するすると上がっていくかもしれません。

閑散に売りなし。

押し目待ちに押し目なしです。

見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


神経質な展開も

 

おはようございます。

ギリシャに15日まで法制化しないといけないのか。

トップ判断がまずのように思います。

少し波乱もあるように思います。

折り合いがすぐつく感じが個人的に感じませんでした。

この状況が続くことは、心理的にも、世界経済に良くないと思います。

中国も落ち着き待ちです。

中国は取引停止の銘柄再開はどこまで影響出るかですが、売り物吸収するまでかと思います。

レバレッジ10倍のところなどは10%下げれば飛びますので、強制決済がどこまで出るかです。

証券会社の損失もでるものと思います。

耐えられない会社も中にはあると思います。

中国の対応も難しです。

まさか、国の機関が高値で売っていたなんて、国民が分かったら大変かと思います。

こちらも少し波乱があるように思います。

先週の急落は仕組まれたものと考えて、日経ももみ合いの動きを見ていきましょう。

20000割れは長い目で見て割水準ですので、しっかり落ち着けばこの水準でも長期資金は入ってくるものと思います。

懐疑の中で育つです。

ギリシャ、中国も動向見ていきましょう。

相場のほうはとにかく様子見です。

ユーロの会議も継続してますが、みんなの頭の片隅には夏休みもあり、長引かせてくないように思います。

あまり、悲観にならずに、個別でここはつないで、ロングはじっくり握っていきましょう。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


ギリシャ案にどうでる?中国は?

 

今度のEMSの支援要請ですが、EUが6月26日にギリシャに求めた案をほぼ織り込んだ形です。

これでは国民が納得するのか疑問です。

納得するためにも、債務の元本削減や返済期間延長や金利引き下げといった負担軽減をどれか勝ち得なければ、何のための選挙だったかわかりません。

そこは配慮してもいいと思います。

経済発展するための政策も必要です。

観光、農業だけではどうなのです。

EUもお金貸すなら、そのあたりの改革施さなければいけないと思います。

EMSを使うのであればなおさらです。

トロイカもこの5年のギリシャエの政策は失敗なのですから、少しでもいい方向にまとまればいいかと思います。

このままだと、ギリシャは疲弊したままです。

まだまだ、この点の解決が必要です。

少し心配なのは今すぐではないのですが、ユーロ園の債務が増えていけばいくほど、ドイツがユーロ圏離脱方向に国民が前のようになるかもしれません。

イギリスもありますから。

中国は3900まで戻りました。

3500~4000にいればしばらくは問題ないと思います。

暴落し始めた時、4000前後で落ち着けばとコメントしてきました。

4000なら多くの人はとりあえず儲けてるはずです。

もともと2000ポイントあたりから相場が始まり、年初は3000ポイントです。

調整範囲内と思います。

中国経済も失速してるので金融政策は急務でした。

いきすぎたのではないかと思います。

株価は割安でしたので火も付きやすかったのではと思います。

一部の小型買われ過ぎてバブルになったのと規制緩和し過ぎたと思います。

成熟した市場になってっもらいたいと思います。

目先はこのまま戻ることはなくもみ合って、しっかり国策で株価は動いていくように思います。

なにがなんでも株価は下げられないでしょう。

日本同様になるか今後の動向次第ですが、政権がころころ変わる日本とは違い政権が安定してるので問題ないと思います。

日本もバブル崩壊しても余韻で5年くらいは景気は良かったです。

アジア通貨危機を経てITバブル後の2003年にやっと整理出来たのです。

今は年々早くなっており、日本の前例があるのでどう中国がかじ取りしていくかです。

中国はまだまだ金利下げれれるのと、最悪は日欧同様の緩和が出来ます。

まだまだ金融政策では後押し出来ます。

ここは定石では、株価動向見てやるのかどうかはわかりませんが、再度引き下げか、景気対策するのではないかと思います。

いいのか悪いのか、日本の崩壊後の動きが参考になってるかと思います。

さて、来週は明るいのか暗いのか、明るくなるように感じます。

今日はまだ引けてませんが、不安売りも休日前で大体は出るのではないかと思います。

今日の日経はまずまずでファーストリテイがなければいいかんじです、トピックスが高いのが物語ってます。

マザーズの下げが大きかったので、今日見ると、傷は大きかったなと感じます。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


市場心理回復を待つ

 

おはようございます。

NYは中国株反発も、IMFの下方と、ギリシャの不透明と、中国の景気減速と株価動向の重しになって調整は継続です。

昨日の日本株は狼狽売りは終え、底打ちして、売られ過ぎた分、反発しました。

いい買い場でした。

久しぶりに市場から悲鳴が聞こえました。

今後はしばらくギリシャ、中国動向見ていく相場になろうかと思います。

市場心理回復が次の上げになると思います。

しばらくは個別相場でもいいように思います。

IMFの世界経済下方はタイミングもどうかと思いましたが、日本も下方、アメリカも下方ですので少しは重しになるかと思います。

ギリシャについては判断は債権者の判断になるかと思います。

債務削減はドイツ、北欧には温度差があります。

40兆に上る債務を返すには大胆な経済対策が必要です。

根本的にトロイカの政策が間違ってきてるので、思い切った政策が必要です。

ドイツが債務削減を了承しないのであれば、返せるような提案を、債務削減にこだわらず、成長戦略と合わせればいいと思います。

今ギリシャは疲弊しており、国民の意識改革が必要です。

提出されたギリシャ案は骨抜き案ですが、根本を変えれば、いいかと思います。

成長戦略するにはどうするかに、議論して漏れいたいなと思います。

すこしまだまだ波乱もありそうな感じします。

ただ、夏休みに早く入りたいはずですので、この休みは議論深まり、解決もいったんはするかもしれません。

先送りもあり得ます。

半年、1年とか。

中国は半分以上が停止中ですので、再開後の売りがどのように出るのか不透明です。

こちらも落ち着くまでは、かかるかと思います。

売られ過ぎて割安になってるので戻りも見られました。

メディア統制もされてきたので、落ち着きは出ると思います。

3500以上で落ち着けば問題なしです。

ただ、景気は減速しており、この影響も出るため、追加利下げと景気対策は必要です。

いつも休みに出るので、ここの土日は重要です。

月曜に売り買い再開に向けるのであればそれがいいシナリオです。

しかし、まともな市場ではありません。

日本はしばらく調整して、出直りがベストかと思います。

ギリシャ、中国動向では短期調整で終えることもあるかと思います。

ただ、ファンドもお休みモードになってきてるので、閑散になっていくかと思います。

欧米も同じかと思います。

売る人がいなくなればトレンドは回復していくと思います。

どちらにしても、上を目指す相場に変わりありません。

ファンドも6月決算前には益出しした分、再度どこかで買い足しもロングではしてくるのでタイミング見ていけばいいかと思います。

サマーラリーもあると思われ、テーマと個別株相場はありと思います。

決算シーズンにも入るので、見極めもあるように思います。

日本はこの下げで、PERも割安になってきてるので、狙いは出てくると思います。

IMFの下方は実質賃金の伸びにあると思います。

まだまだ大企業以外は回復が遅れてます。

ギャップは大きくあるので政府のこれからの規制緩和含め底上げの対策がカギになると思います。

個人的にはこれからの日本を考えると、少子化対策のみ、大胆な政策がほしいです。

安保法案も重要ですが、次の国会ではもっと成長戦略練ってほしいと思います。

安保法案は賛否両論ありますが今の世界の流れから、通したほうがいいと思います。

軍事力は国力ですし、日本は守るが基本ですので、抑止力は重要です。

国民性考えればこの法案で大きく変わるとは到底思えません。

個人的には必要と思います。

相場のほうは様子見になり、中国株の動向見ながらになるように思います。

大きく下げたので追証売りも朝、昼にはでるかと思います。

週明け問題解決を狙うには、こればかりはリスク取るか取らないかになります。

個別狙いに集中するのがいいかと思います。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


中国、PKOは逆効果

 

おはようございます。

なんか今日はやり取りしてたら寝れてません。

昨日はギリシャが解決方向に向かうかなと思う中、中国懸念で日本に飛び火です。

SQ前の水曜日ということもあり、思わぬ下げに見舞われました。

中国の下げは市場は無視していたのに、いきなりきました。

ブログでも中国のことは数日コメントはしてましたが、ここまでの下げがくるとは思いませんでした。

中国のなんでもありの政策は必ず市場に歪みを与えます。

かつての日本の崩壊を思い出させます。

しかし、申請すれば売買停止に出きる市場はどうかと思います。

昨日は500社が停止して1300社以上に、市場の45%が停止です。

売れない投資家が他の株を売るという失態を招きました。

それが香港日本市場を直撃しました。

空売り禁止、先物禁止、IPOも中止、あらゆる公金、証券会社、保険会社、銀行巻き込んで株価支えも失敗です。

昨日引け後には5%以上持ってる株主は半年売り禁止と、自社株も売ったら半年出来ないのも即時解禁としました。

政府も国有企業の株は売らないと、国有銀行にも売却しないようにとしました。

景気対策も施してきました。

なんでもありです。

ここまですれば下落は止まると思います。

ただ、一度株価が戻っても、市場への信頼はなくなってるので株価は戻りずらいと思います。

政府も高値では株の売りも国有企業も売りもあったと思われ、株価上げて地方財政のてこ入れも、国有企業テコ入れも出来たのではないかと思います。

6月の償還も無事通過したのもうなずけます。

ただ中国市場は150%も上げてきておりここで30%下げたからといって慌てなければ良かったと思います。

健全な調整程度にしておけなかったのかと思います。

株価国策で上げて、下げたらメンツが立たなかったのかと思います。

政府のパニックが市場のパニックを与えたと思います。

信用もレバレッジ規制をすればよかったと思います。

10倍以上買える市場なんて、ほとんど博打です。

信用買い残ピークで45兆なんてまともな市場ではありません。

公式ですので、業者含めたらどれだけあるのかわかりません。

ましては家担保に投資、学生も投資、2億人もの人が、ありえないと思います。

日々の売買も日本の10倍です。

バブルと言ってもいいかと思います。

それに気付かない、個人投資家が被害にあうのです。

もう少し注視していればよかったかなと今は感じました。

ここのところ、フランス勢は裁定解消してきてたので上手く短期筋にやられたなという感じです。

売りで儲けるチャンスでした。

ただ、日本株はロングは外資は買ってきており、この調整は願ってもない買い場になります。

いいもの仕込んでいくといいと思います。

指数は押しもあると思っていたので、大型は無視していましたがここからは小型も大型もなく狙いなると思います。

中国株はここまで対策すればいったんは落ち着くのではないかと思います。

パニック売りもいったん終焉してもらえばいいかと思います。

日本株は短期筋の仕掛けからいきすぎた下げになるかもしれませんがそこは狙っていきましょう。

ギリシャの問題も欧の株価見ると少し楽観になってきてると思います。

NYもどちらかというと中国懸念と原油の下落で商品市場の下落で資源株が少し売られてます。

中国株が落ちつけば原油も落ち着くと思います。

おとといは原油も下髭付けて落ち着くと思ったのですが昨日の中国のおかげでまた下げました。

ただ、原油もおとといの安値割らずに戻してるので、大きい心配はないかもしれません。

NY株も調整範囲内かと思います。

日本は短期は外資に操られてつられて作られてるのでこの下げは利用できませんでしたが落ち着き後の戻りをしっかり利用していきましょう。

外資は夏休みしたいので、この波乱が落ち着けば夏枯れ相場に入っていくと思います。

今日はとにかく日本市場は売られ過ぎになっています。

毎回、下げるといき過ぎるので、狙いどころは難しいですが、中国が落ち着き、ギリシャも解決方向であるならば、今日か明日は株のリスク回避の山場になると思います。

今日の寄りから段階的に買っていくのもありかと思います。

19300付近での寄りはさすがにいきすぎと思います。

中国次第のところあるので、昨日同様に中国株にらみながらになると思います。

大型は避けてきましたが、すべてのセクターにおいて、買い場になったかと思います。

短期も長期もしっかり狙っていきましょう。

悲観になればなるほど強気です。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


ドル、豪ドル

 

ドル、122.02

豪ドル90.44

で買いました。

久しぶりです。

ロングです。

ドル円は120~125のボックスかと思います。

豪ドルは中国不安含めて、売り出てますが個人的に買いたい水準でしたので打診です。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。