日銀政策決定会合

黒田総裁前回と比べて柔らかい発言してます。

反省したんだなと感じます。

展望リポートの2016年に2.1%と見通しだしましたね。

あくまでも見通しと何度もコメントしていて14年後半から15年あたりから2%持続したいとの感じです。

そうであるのなら自分はまだまだ今の段階では達成するとはとても思えません。

でも、今回は丁寧に説明してると思われ追加緩和についても動向見てとのことで前回よりは好感もてます。

審議委員も時期については反対論もあったとのことで全員一致でなかったこともよかったと思います。

賃金と雇用に対してもここで良くなったのは大企業の一部と公務員の削減戻しが効いてると思います。

建設業界の人手不足もあると思われ全体に波及はまだまだであると思います。

必要ならば調整を行うと躊躇なくと何度もコメントしてます。

ここは前回と同じですがここまで何回も言うと印象に残りますね。

好感もてます。

個人的には良かったかと思いますがこれがどう記事になっていくか外資はどうとるかです。

まだまだ会見続いてますがいい取られ方すると感じます。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


押し目なし

 

おはようございます。

なかなかもう押しを待っていても散々14000付近まで下げてきてるのでないですかね。

ロシアの制裁もゆるくロシア株は反発しました。

ドラギ総裁の発言でのユーロの上げが全体にポジティブになった感じです。

難しく考えずに14300以下は徹底して買い継続です。

株はあげたい方向には感じます。

連休谷間でもう少し個別相場になってもいい気がします。

決算も今日過ぎると明日、明後日は少なく谷間になります。

欧米動向もありますが連休明けは方向性でると思います。

散々押し目が長期資金の買いがきてるのでこの水準は弱気になることはありません。

気楽に見ていきましょう。

押せば強気、上げたら様子見ていけばいい相場です。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


閑散に売りなし買いもなし

閑散に売りなしで買いもなし。
どうにもなりません。
こんなゴールデンウイークは久しぶりかと思います。
個人が活況になるはずでしたがね。

ジャパンディスプレイは外資が各社ここのところ1000円以上にカバレッジしてきたのにこれはひ酷いものです。

暇です。
ここで暇なので動向でも書きます。
ここでよく外資のひととの会話の中で日本が昔、新興株が上がった時期が2000年と2006年天井打った相場がありましたがナスダックはそれに値する銘柄がおおくみられ個別では終えてる銘柄が多いいと言っております。
ただ昔と違い全部売られる展開にはならないそうです。
ネットバブルの時は全部何でもかんでも売られる展開でナスダックからダウへと資金が流れました。
現状は買われすぎた割高すぎる銘柄に特にバイオに売りが出ております。
ナスダックもここはしばらく上下しながら調整が続くのではと言っております。
自分もそう感じます。
ただ、昔もそうでしたが特に今は資金が当時とは違いカネ余り状況なのでダウは堅調に推移するのではと思います。
日本のようにダウは割安まで売り叩かれることは非常に考えづらいです。
日本ののライブドアショックの時と似てるかといえばやはりにてません。
NYの場合現在、金融相場から業績相場に移行してるので割高は売られるのは仕方ないと思います。

世界はなんだかんだいってもアメリカ経済で左右されております。
日本もアメリカが悪いといくらアベノミクスがどうのといっても成長は限られます。
アメリカに見習っていけばいいのです。
アメリカの半期報告でも日本は財政再建より緩和、成長戦略をとしております。
ここでFOMCも変化はなくここのところの指標見ても悪くありません。
唯一住宅は横ばいになってますがこれは上げのスピードが早かったためかえってここでの調整はバブルにならないためにも良い方向と何度も書いてきたと思います。
欧米は日本人とちがい楽観しております。
NYの景気はまだまだ心配ないです。
欧も失業率は問題ですが成長に向けた動きは出ております。
中国はここのところ短期では問題は多くありますがソフトランディングになんとかしようとしてるのは感じられます。
インドもそろそろ上向きも考えられ東南アジアも落ち着き見せてます。
豪にしても世界の需要が減退してるわけではないので落ち着いてきました。

日本は景気敏感株ですがさすがに売られ過ぎております。
長期の資金が黙っているわけありません。
日本は割安と誰もがいいます。
日本人は本当に悲観的民族だなと感じさせられます。
上手くそこを心理戦で短期筋にやられます。

ここでGPIFにしても今後出るであろう日銀のETF増額にしても買いのルールを柔軟にしてもらいたいと思います。
大きく下げるときには多く買うとかもっと株価安定になるような政策が欲しいものです。
ヘッジファンドのために高速取引導入したり1円に呼値変えたりと、先には0.1円単位にするそうですがアホかと思います。
東証は外資の言いなりで今まで動いてきており今後もそうなら個人のトレーダーも減ってしまうのではと危惧します。
日本の取引所が日本のために動かなくてどうするんでしょう。
そろそろ金融庁が動くべき問題と思います。
アルゴが思うようにできなくするのは1000分の1秒の取引なんとかするしかありません。
今後この好景気相場が終えるであろう4、5年後には株など持てない短期が主流になる時代が来ます。
この状況が続けば株式は博打になるのではないかと思います。
自分はそうなるものと思います。
この相場はうまくいけば大きい相場に発展します。
生きてるうちで最後の相場になるのではと思って望んでます。
ここは長期の人はじっくり持つことが大事になると思います。
アベノミクスが崩壊することは日本が貧乏になることを意味します。
アメリカ経済が回復してるのも良いタイミングです。
ここは強気で見ましょう。

短期では
ウクライナにおいては長引くことは仕方ないことで株価が下げるたびに利用されるものと思います。
日米ともTPPが決められなかったことはが今回の下げになったと自分は感じてます。
FOMC,日銀と雇用統計通過、NY決算通過すれば米の成長と日本株の割安には注目されるのではと思います。
ただ、短期ではなにが起きるは正直日本は休みがあるため読みづらいです。
とにかく今週無事に通過してもらえばと思います。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


ジャパンディスプレイ

ジャパンディスプレイ寄り前に下方修正してきました。

前々から思うのですが最近のIPOでたまにありますがジャパンディスプレイは上場してすぐです。

こういう企業は上場する資格ないと思います。

上場前にわかってることであると思います。

これが新興でなくて良かったですがIPO全体に影響受けます。

それでなくても成長企業のIPOの盛り上がりかけてるので何とかしてもらいたいものです。

投資家を馬鹿にしてる気がしてなりません。

しかも寄り前に出すとはどういうことかと。

タイミングも悪くIRにも疑問持ちます。

今日はこれで投資意欲なくしました。

どれだけ影響受けるのかと。

酷いIRです。

連休で反応しないと思ったのでしょうか。

これで下に仕掛ける口実短期筋に与えてしまいました。

少し売られ過ぎな気もしますが失望です。

日経14200前半に来ました。

様子見ですが良いものは狙いです。

 

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


ウクライナ問題

おはようございます。

ウクライナの国境付近でロシアの軍事演習が開始され地政学リスク再燃しました。

クリミアの時みたいには行かないものと思います。

今回はどうなるかわかりませんが言えることは戦争はよほどのことがないので有事は買いになります。

クリミアの時にも書きましたがこういう問題で下げた場合は強気で対処です。

日本は連休に入ってます。

閑散になるでしょうし外部要因の影響は受けます。

先物主導で動かされることでしょう。

安倍総理も29日より外遊で閣僚も多く海外に出ます。

多少海外から材料はあるのかなと思うぐらいです。

ドイツ、イギリス、ポルトガル、スペイン、フランス、ベルギーと精力的です。

今回はゴルフ三昧でなくしっかりお仕事です。

期待したいものです。

今週の日銀政策決定会合で同じような発言だけはやめてほしいと思います。

間違えなく仕掛けされます。

注視しなければいけませんが失言で下げたら買うのみです。

ボックスでは下は買いに徹していればいいと思います。

海外は材料がいっぱいあります。

FOMC,雇用統計主にとにかく多いいです。

外部要因で日経は動くような気がします。

独自の材料はこの休み中は決算動向しかないです。

決算は良く、み通しで個別では左右されてくでしょう。

上方修正、増配、今季増収増益の企業で安くなってるものはとことん狙っていいと思います。

あと、連休はボロ株にも動きがあるやもしれません。

今日は売られるでしょうが悲観にならず個別で。

 

注目 強靭

 

 

f
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


次に注目

しかし、閣僚の発言には気お付けてもらいたいものです。

TPPの影響も軽微と思いきや麻生副総理の今の大統領にまとめる力がないと議会も通らないと。

 確かに中間選挙で共和党が勝つと思われますがそこまでいう必要性は共同声明後に言う必要はないと思います。

こないだGPIFの発言で市場に助け舟したかと思えば今度は言いすぎです。
法人税も懐疑的で最近の麻生さんは少し変です。

多分、本人としたらTPPにおいて助け舟したつもりが本音がでたのでしょう。

そういうところが好きなのですが最近は??です。

ただ個人的には中間選挙後の共和党の方がシビアな気もします。

でも共和党の方が日本もやりやすいのではないかと思います。

しかし、協議伸ばしてでも合意したかったはずなのに情けないですね。

TPPは諦めましょう。

忘れましょう。

これでオバマ氏も終わりです。

何はともわれ決まりはしませんでしたが今回は日本にとっては尖閣の問題でいい方向性を打ち出せたのは良かったかと思います。

オーストラリアのように今度はカナダ、欧州と個別に決めていくのもいいものと思います。

来週は日銀政策決定会合、FOMC、雇用統計と、為替が動きやすい状況が続きます。

先物で乱高下する相場展開になる気がしてなりません。

日米とも決算、指標とも悪くないので下には売り込みづらいと思います。

連休の人は良い休暇を。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


TPP合意なし

おはようございます。

アベノミクスの柱が一つ先延ばし。

TPPの先延ばしはTPPの今後に影響があるものと思います。

オバマにとっては痛手ではないかとおもいます。

ウクライナ問題がある中アジア外交してるのでTPPを決めるのは日本以上に成果出さなくてはいけなかったはずです。

これで共和党にまた突っ込まれるでしょう。

何のために日本に行ったのかと。

何度も下記ますがTPPは原則、関税0です。

日本は例外をだいぶ抱えてます。

正直、TPPの目的は中国に向けて規制を解く目的があるのです。

日米の連携は重要です。

参加したからには譲歩は重要です。

これなら初めから参加しないほうがいいのではと思います。

ぶた0にする代わり自動車はおれてくれ良かった気がします。

円安で価格競争はできてます。

飼料が上がった分など含めて補助すればいいのです。

その価値は十分あります。

トップ決断が重要だったものと思います。

今日は材料不足です。

個人的にはがっかりです。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


TPP合意せよ!

なんで米もここまで折れてるのに合意できないのか。

安倍総理の決断がほしいところです。

甘利氏は何をこだわってるのかと感じます。

国内では感じないかもしれませんが外国からすると円安で価格競争力で日本は恩恵受けてます。

それも踏まえても基本撤廃をここまで譲歩してるのになんで豚でここまでもめるのでしょうか。

自動車もアメリカとは2、5%の関税です。

アメリカとは現地生産がほぼ進んでおり影響は軽微です。

こんなことしてると円安に異論が出るかもしれません。

こないだの半期の報告書は円安に触れないでほっとしたところです。

牛も38%から段階的に半分になっても今後、円安が進めば何ら問題ないものと思います。

ここまで円が40%も安くなってるのです。

自分はアメリカがかなり譲歩してるように思えます。

安倍総理が決断すればいいことです。

甘利に任せたらまとまりません。

株価は決められない政治に失望してしまいます。

甘利氏また勝手に期待したと言うんですかね。

ビシッと決めてもらいたいです。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


TPP

会見終えました。

豚と車の問題まで詰まってる状況でなんで決められないのかと感じます。

難しいと思いますが基本TPPは関税0目指すものです。

例外の米にしても譲歩しており牛も豪に近い水準であるのなら豚は大した関税でないので車で上手くできないものかと思います。

ここで決めないでどうすです。

ここで決めなければもっと強く出ると思います。

また欧との今後の交渉にもほかとの交渉にも中国の出方にも大きな問題です。

中国を包囲するにも決めてもらいたいです。

何が何でもここで決めてほしいです。

延びるのは良くないです。

伸びたらまた米でも日本でも国内批判でまた進みずらくなります。

しっかり協議して妥協して決めてもらいたいです。

日本の消費者はそんなに馬鹿ではないです。

外食産業にとっては朗報でしょうが国内のものは値が安かろうではないものと思います。

現状、国内産にこだわる人も多いいのです。

ここで改革も必要です。

何が何でも決めてほしいです。

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


成長戦略

おはようございます。

NYは決算はいい内容が続いてます。

株はあげ続けるものではないので一服もいいのではと感じました。

さて、注目のTPPですが成長戦略の目玉でもあるので安倍総理はなんとしてもまとめたいものと感じられます。

オバマにおいても最近、落ち目で共和党に押され外交も成果ないのでここもなんとしても決めたいのではないでしょうか。

最近、欧米ではアベノミクスの成長戦略に懐疑的になってきてるのこのTPPはまず決めてほしいです。

規制緩和もどんどんすすめるにあたり本気度が試されるでしょう。

株価にとっても非常に重要になります。

このタイミングでできなければいけないでしょう。

自分は決まると見て上と見てます。

この内容によって平気で今後の株価が500円は動く内容と思ってます。

目先、14800、14200に短期で動く可能性大です。

懐疑的な報道が多いなか見ものです。

ここでやらずしていつやるです。

TPPは非常に重要です。

日本は相変わらず上方修正が非常に多いいです。

決算も今季減益してくるとこは少ないのではないかと感じます。

慎重に出てくるのは仕方ないのですが減益だけなければいいかと感じます。

この感じで行くとEPS,PERもかなり下がってくるのではないでしょうか。

割安です。

成長戦略が見えてくれば外資も黙って見てられなくなると思います。

安いところは長期のファンドにみんな持ってかれて、また短期筋が慌てて買う場面がどこかで起きる気がしてなりません。

動向を注視していきましょう。

 

注目 肉関連

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


新興市場

ここのところIPOもマザーズ少なく今日の西武など面白みのない上場がIPO相場を冷やしました。

ここからは空白になるので個別での材料が必要になるのではないかと思います。

マザーズ指数で見るとダブルトップした1月から3ヶ月といい調整をしてきてると思います。

ここで売りも枯れるまで売られたら戻りに入ってもおかしくありません。

新興の場合、成長期待から割高に買われるものです。

その度合いは難しくその時人気になります。

ただ、長期で見ても700ポイントあたりはいいとこですのでどこかで底打ちも視野に入れましょう。

きっかけかと思います。

もし700大きくわることがあればしばらく手出し無用になるかと思います。

しかし弱いなと感じます。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


連休控え力なし

おはようございます。

昨日のナスダックはクレディスイスのモメンタム株の強きが効いた感じします。

決算も大方予想上回るものも多く安心感があります。

日本は昨日この影響で新興は良いかと思いきや売られています。

連休前にポジション整理もわからないではないですがかなり悲観に思えてなりません。

決算も過去最高の多いなか今季見通しが悪い理由で売られてます。

今季も増収増益予想ならいいのではと思うところです。

日本はTPPに少し期待があるものと思われ動向に注意です。

アベノミクスにTPPの進展は不可欠です。

日本の農業は保護されてきてるのでここで思い切った改革が必要です。

無理なコメント多いいですが大筋合意してくれるといいかと思ってます。

今、このチャンスにしたほうがいいと思います。

妥協しすぎはよくありませんがこのタイミングでやらないともし共和党に政権が移ったらもっと国益考えるので強硬に来るのではと思います。

オバマが弱ってるいまです。

期待したいところです。

 

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


堅調

おはようございます。

日米とも材料が少ない中、堅調であると思います。

売る人がいなくなってきてるように思えます。

米は主要企業の決算がな買ったので様子見でしたがナスダックのもどりはよかったと思います。

小型に少しずつ資金が戻ってきてる感じでした。

指標も予想よりいい数字ですので問題なしかと思われます。

TPPは条件付きで大筋合意してもらえば影響は良い方向に行くのではないかと思います。

農家、酪農家の方にはいろいろと問題かと思いますが農業もこれで規制緩和、改革が必要になって悪いことではないと思います。

TPPはあとあと消費と輸出に聞いてくるものと思います。

何も決まらないは失望になるのは間違えないでしょう。

アベノミクスの成長戦略には不可欠です。

野村證券では日経は年央は14000~16000レンジの年末18000としてきました。

多くの予想はこれに近いでしょうがここは難しいところで臨機応変に行くのがいいと思います。

目先は上げで見てますが心配はTPP先延ばし、日銀の過剰反応、決算の来季予想の慎重み通し、かと思います。

外部要因も5月6月に懸念事項あるので注意しながらになるものと思います。

ヘッジファンドも安くなった新興に資金がいってますがもどりもあります。

一度利食いした資金はここでもう一度ではないかと感じられます。

安くなったら買いに来るのとポジショントークには注意です。

為替もドルが安くなれば企業も今後の企業回収、設備投資もあるのでドルは買い集めも出てると思います。

自分が経営者なら余剰資金は有効に使います。

この動きがあるうちはドル円は落ち着いていくでしょう。

今日も個別物色ではないかと思います。

安く叩かれてる好業績狙っていきましょう。

まだごろごろしてます。

 

注目 建設
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。