ウイグル弾圧には触られたくない中国

おはようございます。

NYは中国がウイグル族を弾圧しているため政府機関など28団体・企業に禁輸処置。

それと、中国高官のビザの制限を出しが追い打ちに。

禁輸処置は日本時間午前には出ていて、通商問題とは関係なくといっていたので、中国もこの問題には触れると問題が大きく国際社会に漏れるのもやなところかと思います。

ウイグル族の弾圧は中国はメディア統制かなりしていて敏感です。

そこを突かれた形で、中国に早く折れないとここを突くぞという感じかと思います。

香港に対してはもう長期戦ですので、これからなお中国化が進むかと思います。

これは中国の方針で、香港が経済で疲弊してでもやり遂げると思います。

ウイグルの問題の方が大きい問題なのかもしれません。

台湾にも影響は広がっていて、中国に対する警戒は日に日に強まってくると思います。

日本は中国と少し融和モードですが、日米通商問題が進展し今、日本は中国に対して距離を置くのも得策かなと思います。

ウイグルの弾圧の問題は大きくされたくないはずで、中国は米中協議のかじ取りがかなり難しくなったかと思います。

多少の合意はしてくるかもしれません。

しないで決裂は共和党はなりふり構わず、中国と対決姿勢もあるかもしれませんが、中国としてかなり国益を失いかねないのでやらないと見ています。

さて、農産物、エネルギーの協議はどう出るかです。

ここでこの問題を出すということはアメリカも本気の交渉に入ったとみていいです。

株価には良くないですが、見守りましょう。

経済に対しては指標で出ていますので、米以外がしっかり経済対策打っていけば問題はないかと思います。

目先の米中問題に右往左往されないように冷静に利用して、見ていきましょう。
↑ 応援クリックして頂けると幸いです。

◆10万から億へのライン登録へ  ←現在ラインは登録中です。
LINEリアルタイム配信2018年開始しました。


◆10万から億へ結果推移ページへ 

暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール 100万点以上の商品が買えます。
ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュにて決済。
日本語にして登録してください。


コメントを残す