ブレグジット混迷

おはようございます。

NYは世界景気の減速感から各国緩和方向で金利低下でいい方向で捉えればいいのですが、先行きにすごく敏感になってきたかと思います。

金利見るだけでは利下げ方向かと思うくらいですね。

2.75を大きく下回ってきてますからね。

欧の指標の転換も見ていく相場かなとも感じますね。

ブレグジットも先ほど離脱の大替案模索のための投票も8案とも反対票で、メイ首相が合意ある離脱なら辞任もとしてたのに、4月12日までに3度目の採決が出来るのかどうかですね。

合意なき離脱か白紙か引き延ばしか混迷ですね。

イギリス経済にとって混迷は逆に良くないと思いますね。

どう転んでもおかしくはないかなと思います。
合意なき離脱もありえますからね。
12日まではニュースに右往左往ですね。

日本は期末の特殊要因で乱高下。

先物に配当再投資、昨日は現物買いと権利落ち日の波乱も昨日で通過ですこし後半は反動と期末要因もまだ2日あると思います。

先物初動で短期筋は上手く押して戻してしっかり利を出してる手口でした。

少しやりすぎかなと思いましたが日本特有の事務処理的なところの需要を上手く利用した先物の動きだったかと思います。

少し売りの買い戻しもあったのが相場の動きを大きくしたかと思います。

目先はまだ様子見ですね。

まだ波乱はあるもののボックス圏内かなと思います。

日本はここから実体経済に企業業績に4月は見ていく感じかと思います。

先行きが見えてくればと思います。

問題は日本の景気対策がないことですね。

日銀が4月に何かしてくるかは4月の短観がカギになるかなと思います。

予算も通過しても消費税が先にあり2兆ぐらいの対策ではダメかと思います。

催促相場にならなければいいと思います。

新興市場はマザーズの物色が良く、個別には目が行ってるので日経お休みでも物色はされていくかなと思います。

日経は外部要因からと需要が少し悪い方向も出てますので押しもまだまだ注視です。

しっかりヘッジしながら様子見て個別でつなぎましょう。

 

 ↑ 応援クリックして頂けると幸いです。

◆10万から億へのメルマガ登録へ  ←現在メルマガは登録中です。
LINEリアルタイム配信2018年開始しました。


◆10万から億へ結果推移ページへ 


コメントを残す