先行き不安からの売りも調整範囲

 

おはようございます。

NYは明けから大きい下げに見舞われました。

調整範囲内ではあるものの中間選挙があるのでトランプは慌てるでしょうね。

下落は金利上昇問題視していますが、金利は3.2~3.25で数日もみ合っているので問題なしです。

市場は先行き不安をIMFの見通しもそうですがそれを織り込む動きが出たのと中国不安も先に織り込む動きです。

昨日は細かく分析すると、モルガンがルイビトンの中国の販売が良くない見通しを格下げしてきたことで、高級品に売りが出たことで、アメリカ市場に連鎖しティファニーなど高級品が寄りから下げて、シアーズの破産も少し影響して、軟調で底模索していたハイテクが利食い誘発して金利を問題視して、新興国通貨下げ、悪循環でした。

悪材料に敏感になり、NYは先物主導もあり大きい下げになりました。

これであく抜けかと思うところですが、トランプが先ほど変な声明しましたね。

FRBの政策に間違ってると、常軌を逸してるようなバカな発言しています。

金利上げるのは反対なのはわかりますが、中央銀行に対して介入はしてはいけませんね。

調整は待ち望んではいたともコメントしてました。

こういうのは株式市場には逆に働きます。

中間選挙、共和党このままですと過半数維持は難しくなりますね。

ホワイトハウスからアメリカ経済は強固で景気は信じられないほどいいと今コメントありました。

トランプの火消しかなと。

NYは短期的な押しにしか個人的には見ていません。

先行きの懸念や金利は織り込んでいくと思います。

2月と同じかと思います。

日本はというと外部要因に弱いのと、先物はかなりヘッジさせられたので22770と大きく下げて終えました。

23000の岩盤を割るのはいいのですが、すぐに23000戻しすことも重要です。

日本株はこういう下げは仕方ないにしてもNYほど過熱感はないので、行き過ぎる下げはチャンスでしかありません。

毎回のことで、引き付けもでしたが、ここは23000割れはどこでもいいかなぐらいでいいと思います。

とにかく、下げると何かと悪材料がくっついてくるので、見誤らず織込むのを見ていくしかないです。

NYは利食い場になった感じで大きく下げたので、多少まだハイテクセクターでは割高もあるので、利食いは出るかなとは思いますが好調な経済の決算が始まりますので、下げも限定的で、決算出てくれば落ち着くと思います。

日本も決算出てくればEPSも上がり、割安感が株価の戻りになっていきます。

先行き懸念はあるでしょうが、収益がマイナスになるような話ではないです。

戻りは早いかなと感じます。

とにかく、悲観は買いです。

こういう場面では超強気で見ましょう。

仮想通貨には影響はしていませんね。

AI自動取引結果 2018.07.18始動 1.1BTC7392USDより開始 毎日0時更新
日付    BTC:価格   経過    BTC:推移    合計  利益率
2018.10.09 006611USD 083日目  1.89396437BTC 012520USD 0.6504%

2018.10.10 006574USD 084日目  1.90667668BTC 012534USD 0.6712%

 

 
■ビットコインAI高速自動取引結果、推移ページ 2018年7月18日始動■
このAI自動取引で運用してみたい方はご連絡ください。ご紹介します。

◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です。
LINE配信2018年開始しました。


仮想通貨はじめましょう!日本で盛り上げよう!
仮想通貨もしっかり勉強しておきましょう!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す