外資の犬の東証

おはようございます。

22日よりTOPIX100構成銘柄の呼値の縮小になります。

いったい東証はなにを考えているのでしょうか。

先の10000円以下の1円刻みもトレードしてる人にはものすごい弊害で個人は取引するなといわれてるようなものです。

ターミネーター(アルゴ)のために変更してるとしか思えず外資の言いなりです。

金融庁は何をしてるのでしょうか。

裏で買収されてるとしか思えません。

1000円以下0.1円に、1000円~5000円が0.5円となるとまずアルゴに支配されてトレーダーは板から感じとることは不可能です。

ディーラーも無理でしょう。

TOPIX100というと日本の主な企業群です。

もっと外資の独断場になり日程平均は外資のいいなりになるでしょう。

1月に変更した時も危惧しましたが今回はあまりにも酷すぎます。

せめて100円以下のみでしょう。

1000円以下の10銭単位はやりすぎです。

なにかんがえてるのでしょうか。

売り買いはアルゴで増えるかは不明です。

短期筋に日経は不可解な動きが増えるのかなと思いとやりずらくなるんではないかと思います。

上手く利用するしかないかと思います。

先物も日経の現物もこれで事実上外資に完全に支配されました。

ファーストリテイ、ソフトバンク、ファナック、KDDIでだけでなくプログラムによってアルゴで主な銘柄が動かしやすくなったのはいうまでもありません。

トヨタなども呼び値変更後は前以上にアルゴに支配されてると自分は感じてました。

22日から市場の反応見たいものです。

3段階での変更の2段目ですが3段目もやる気なんでしょうかね。

やめてもらいたいです。

アローヘッドにしても高速取引で外資に利益もっていかれてます。

日本のための市場であってもらいたいものです。

欧米はアルゴの規制の方向にすこし向いてきてるの東証は逆行してます。

東証は外資のいいなりは以前からですがもう少し利益に走らず考えてもらいたいものです。

この影響は必ずでます。

1月からの乱高下にも影響したように短期の外資に翻弄される場面がこれからも頻繁に起きるのではないかと思います。

参ります。

上手利用するにもだんだん難しくなってきてるのかと思います。

相場ではなく博打感が短期では多くなるでしょう。

個人投資家が離れなければいいですが。

では良い休日を!
■ビットコインAI高速自動取引結果、推移ページ 2018年7月18日始動■
このAI自動取引で運用してみたい方はご連絡ください。ご紹介します。

◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です。
LINE配信2018年開始しました。


仮想通貨はじめましょう!日本で盛り上げよう!
仮想通貨もしっかり勉強しておきましょう!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す