政治動向の違い

 

おはようございます。

シリア情勢はいったん攻撃したのでしばらくは静観かなと感じます。

悪材料は出尽くすことがいいので、攻撃は悪いことではないです。

化学兵器へのけん制になります。

誰も米ロの対立など望んでないでしょう。

問題は貿易摩擦含む日米首脳会談含め政治不安ですね。

米は支持率上がってきてるのに対し日本は内閣支持率が20%に落ちてきております。

安倍総理の求心力はかなり低下しております。

個人的には踏ん張るよりももう交代した方が日本のために思います。

ころころ変わるのは良くないのですが、政治が停滞しない方が優先です。

連日のニュース見て、国民はどこまで我慢するのだろうと考えさせられます。

秋の総裁選までもつのかなと見ております。

石破さんが個人的にはいいですね。

頭のいい方ですので。

かたや米国はトランプ氏は側近をイエスマンそろえたので、政治は進みます。

やりたい放題はどこまでかですがね。

貿易も軍事も強硬派がなってるのでしばらくはここが問題ですが、米国にとって経済が悪い方向に出るかでないかは紙一重かと感じます。

現状なら問題ないかと思います。

とにかく日本見てると平和だなと感じます。

株価はとにかくいろいろな不安材料があるうちに仕込み、懐疑の中で育っていきます。

今はもう懐疑の中です。

割安でここまで屈伸運動してきて下値不安がほぐれてる今、強気でいればいいだけです。

再度書いておきますが22000以下は強気でいて、上げて来たらとにかく眺めていけるようにしましょう。

短期の個別テーマもしっかり出てきますので、デイも沿っていけばいいだけです。

新興もトレンドさえ見れば問題ない動きです。

売りの時は売りデイすればいいだけです。

とにかく、決算で割安が再度見直されると思います。

引き続き、強気で。

 
■ビットコインAI高速自動取引結果、推移ページ 2018年7月18日始動■

◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です。
LINE配信2018年開始しました。


仮想通貨はじめましょう!日本で盛り上げよう!
仮想通貨もしっかり勉強しておきましょう!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す