次に注目

しかし、閣僚の発言には気お付けてもらいたいものです。

TPPの影響も軽微と思いきや麻生副総理の今の大統領にまとめる力がないと議会も通らないと。

 確かに中間選挙で共和党が勝つと思われますがそこまでいう必要性は共同声明後に言う必要はないと思います。

こないだGPIFの発言で市場に助け舟したかと思えば今度は言いすぎです。
法人税も懐疑的で最近の麻生さんは少し変です。

多分、本人としたらTPPにおいて助け舟したつもりが本音がでたのでしょう。

そういうところが好きなのですが最近は??です。

ただ個人的には中間選挙後の共和党の方がシビアな気もします。

でも共和党の方が日本もやりやすいのではないかと思います。

しかし、協議伸ばしてでも合意したかったはずなのに情けないですね。

TPPは諦めましょう。

忘れましょう。

これでオバマ氏も終わりです。

何はともわれ決まりはしませんでしたが今回は日本にとっては尖閣の問題でいい方向性を打ち出せたのは良かったかと思います。

オーストラリアのように今度はカナダ、欧州と個別に決めていくのもいいものと思います。

来週は日銀政策決定会合、FOMC、雇用統計と、為替が動きやすい状況が続きます。

先物で乱高下する相場展開になる気がしてなりません。

日米とも決算、指標とも悪くないので下には売り込みづらいと思います。

連休の人は良い休暇を。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す