消費税

国家戦略特区関連が動いてますね。

ゼネコンも刺激うけてますね。

いい感じです。

この調子ならじわじわかなと。

消費税ですが国民の大多数はまだ早いと言っております。

1%づつが半数しめてなお25%は1年見送りと政治家と温度差があります。

国民はそんなに馬鹿ではなくいずれやらなければいけないことは分かっております。

野田政権に決めたデフレ促進策ですよ。

もし、見送り決めて株価が下げても一時的です。

株価には良いのですから。

今日、意見交換した人もなんで見送ると株価が下がるのか理由がないと。

まあ、金利が大幅上昇でもあれば別かと思いますがまずないかと思います。

もし、1%もしくは見送りならば外人は大きく買ってくると思います。

あそこで法人税明確に否定しました。

財務省の手には乗らない方向は見えております。

財務省のリークも酷いですが今度は政府側が試す場面です。

自分は上げ幅縮小で落ち着く気がしてなりません。

何度も書いてますが1%です。

見送りを政府が垂れ流し財務相は消費税伸ばされる危機感から1%ずつで飲ませるのがベストと思いますがどうでしょう。

消費税1%で2.7兆です。

財務相は消費税上げることに勢力使ってますからどんなことがあっても見送りは避けるでしょう。

国民のことなど考えてませんから。

政府と財務省の戦いがどう決まるかです。

前回の財務省の法人税のリークは正直逆に政府に火をつけたかもしれません。

麻生氏も鍵になってくると思われます。

今週会合でどう判断してくるか黒田氏も織り込ませてはみたもののデフレ対策ですからやりたくないはずです。

外資がそろそろもっと消費税の懸念煽ってくる気がします。

やれない方向に持って行く気がしてなりません。

今、思うところです。


◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。