為替と日経の相対

去年は緩和で為替主導で上げてきた相場ですが今年に入り相対は少し崩れてきております。

どこかで為替に連動が薄れるところが出てくるものと思います。

ここで為替は膠着を強めますが企業業績は為替に関係なく上方してくるのではと思います。

日本はもうグローバル企業ですので為替の影響は軽微であり過度な円安も輸入物価も上がり良くないものと思います。

必ず為替と日経平均の動きはどこかで連動性はなくなると思います。

日本市場には当面100円台にいることが良いものと判断されてくれば為替が動かなくても株価が上げる現象も出てくるものと思います。

円安にこれからはとらわれてはいけないと思います。

これは上げていく過程で起きる現象です。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す