米景気

米の景気は回復方向は変わらずと思います。

寒波で調整したのは逆に住宅市場が過熱していたのでちょうど良かったかなと思います。

日本は半分はアメリカの影響を受けるので注意してみてますがいろいろ指標も含め不安要素が見当たりません。

あらかた高水準な指標です。

あるとすれば外部要因から株価が下げたときのみと思います。

アナリストは米の行き先に不安感な記事が最近多く見られます。

根拠がわかりません。

今年は選挙もあるので難しい動きもあるかもしれません。

それは夏場の問題です。

しばらくはいいものと思います。

日本はかなりグローバル化しておりほとんどが国外に出ております。

欧米の景気にかなり影響すると言っていいでしょう。

別に内需が消費堅調で引っ張る可能性もあります。

売り要因より買い要因も長い目で見て見ておきましょう。

相場の方は今週は材料少なくSQも絡むので膠着してますがまた力貯めればいいと思います。

 
■AI自動取引結果推移ページ 2018年7月18日始動■

◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です。
LINE配信2018年開始しました。


仮想通貨はじめましょう!日本で盛り上げよう!
仮想通貨もしっかり勉強しておきましょう!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す