米為替報告書

おはようございます。

昨日は前日不甲斐ない分も含め大きく上げました。

心配された半期の報告書の米為替報告書は円安に対する叩きはなく為替に安心感が出て大きく買われました。

内需拡大の成長が必要と書かれております。

財政再建においても経済が回復するマセは速度を慎重にとあります。

アメリカの方が的確に日本を見ております。

また、麻生副総理の口先介入も効いております。

GPIFは6月からというのは周知されてることで閣僚が口にすることが大事です。

空白期間を心配してる証拠です。

麻生副総理は法人税に柔軟になってもらえばなと思います。

なんでも上げるためなら材料になる感じです。

需要も改善するのではないかと思いますがもう少し買い材料が欲しいところです。

今日は一服ではないでしょうか。

新興市場に反発機運が出てきてるので個別では日経膠着でも楽しめるのだはと思います。

安くロング買ったものは握りしめて短期で遊びましょう。

 
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す