4月相場に向け

おはようございます。

NYはナスダックが重しで昨日見ると止まったかなと感じましたが、香港のゲーム関連急落も気にもなりました。

かなり売られたので日本も新興市場も落ち着きを取り戻してくるのではないかと思います。

4月相場に向け出だしははよかったかと思います。

この3月は黒田総裁のマーケットの対話が出来ておらず外資の失望売りを招きました。

次の日銀政策決定会合は非常に注目されるのではないかと思います。

もともと去年、4月と言い張っていました。

本来。3月にもっと前向きな発言していれば15000割ってはいなかったはずです。

今度は緩和は見送ったとしてもETF、リートなど他も期待してる向きが多いいです。

ここで何もないとホントの失望になります。

去年同様、4月にサプライズするのならここで緩和増額も考えられますがあまり期待はしない程度で進むのがいいかと思います。

常常、4月は期待と書いてきました。

材料が少ないところ下支えになるものと思います。

また、日本企業の好業績もまだ株価には反映されていません。

反騰期待していきましょう。

今日、期末も公金、機関の買いは期末の株価の意識も有り、また株価もまだ買いやすい位置なので買いは入りやすいものと思います。

今日は上げの反動で値固めでいいかと思います。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す