FOMC

おはようございます。

イエレンFRB議長の声明内容はよかったと個人的には思いました。

失業率も外されました。

6っヶ月ごがよけいだったかと思いますが質疑ではしばらく続けるとしております。

多くのアナリストが来年末ぐらいと見ていただけに反応は大きかったと思います。

これで徐々に日米金利差は開いていくのではないかと思います。

ドル円においては円安方向には不変になりました。

NY市場の反応は不透明さで下げましたが日をまたげば解釈されるのではないかと思います。

1~3は寒波の影響で4~6からはゆっくりと回復に向かうのではないかと感じる声明出した。

日本市場は円安に反応するかです。

昨日見ると材料に飢えてる気がしてなりません。

緩和。

法人税減税。

成長戦略。

規制緩和。

などなどなんでも出れば株価は反応するのではないかと思います。

今日も引け後に:1年目の黒田総裁の会見があります。

また、22日にはロンドンで公演があります。

売り叩くのはむずかしタイミングに入ってきたのではないかと感じます。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


コメントを残す