アメリカの野望

アメリカは強いドルでありつずける使命がると思います。
いま、ユーロが弱体してきてます。
元にいても弱含み方向。
円については相変わらずです。
オバマの政策には自分は疑問あります。
ドル安で製造業復活させて雇用増やすような国ではないのです。
日本とは根本が違います。
アメリカは資源国家でもありますし国内にどんどん投資して伸びてきてます。
また、企業もグローバルで製造は国外拠点に早くから取り組んでます。
人口も増加してますから内需拡大してどんどん消費する方向がもっともいい方向です。
自国通貨高はアメリカにとって国益なんです。
共和党のほうが経済においてはいいかもしれません。
貧富の差は少しは出るでしょうが仕方ない話だと思います。
みんながハッピーになる政策するなら北欧みたいな政策するしかないのです。
自分はオバマが負けるのは株価にとってはいいかもしれません。
今、FRBの動きみますとドル高方向は間違えないです。
なぜ、QE3は出来るだけしたくないのかは株高作戦して消費拡大狙って景気浮上しようとしてます。
FRBにおいても不良資産解消にもなります。
金利を早く正常化したいのはみえみえです。
不動産市場の立ち直りもそろそろまできてます。
QE3に頼らず景気浮上は今他国の通貨が弱体化してるときなのでやれるはずです。
そのためには自国通貨を強くして世界の金を集める動きになるでしょう。
キャリー・トレードの巻き返しも利用できます。
簡単にかきましたがQE3はいらないのです。
借金ふやして金利上げるわけにはいかないですからね。
EU圏がおかしくなる前に早くやりたいのも伺えます。
自分がQE3はないだろうというのはそういう観点からです。
あるとすればEUの影響で経済が非常に悪くなった時はしかたないかなと思ってます。
日本のほうは政府がはっきりしないのでこのままだと円高です。
自分は円高は日本の国益と思っています。
確かに輸出産業には痛手かもしれませんが円建てを使ったりいろいろ企業は独自に対策してきてます。
内需拡大に舵取りもいいともいます。
今後少子化え高齢社会です。
企業は円高利用して弱体した海外企業どんどん買収する方向がベストです。
日本の輸出産業は政府の舵取りのあいまいさから対策がおくれたのです。
半導体しかり太陽光しかり電機産業、自動車産業もそうです国策がないのです。
アメリカを見習って一緒に浮上していってもらいたいです。
アメリカ見たいに自国のためなら何でもやる精神です。
日銀は長期は緩やかな円高は容認方向の気がしてなりません。
結論、アメリカは今年後半から良い感じで成長していくでしょう。
アメリカが世界を再度引っ張っていく気がします。
で、日本にもおのずと影響あり株価も浮上です。
で、株は買いです。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。


とうもろこし

166から146ブッシェルへと大幅に下方修正かなり違和感あります。
段階的に下げると思いましたからこの材料をどうとらえるかで難しい判断です。
利食いが進んで高値の買いが落ちて落ち着きまちです。
再度買われることのはなりそうです。
ファンドの玉よく見ます。
ここ1~2週間の天候で大きく左右されると思われます。
干ばつはかなり深刻な感じうけてます。
去年、147.2ブッシェルなのでそれよりは下回わってますがさらなる悪化なら面白い展開」になります。
こ146ブッシェルが出てくるとは誰も予想してないはずです。
エタノールの需要が価格で影響してるので原油の価格にも目にしてるとよいでしょう。
目先、こつこつ買いして様子みます。
変化あったらコメントします。
◆10万から億への仮登録ページへ  ←現在メルマガは登録中です

↑ 応援クリックして頂けると幸いです。